TOPICS

News & Topics


2020年1日1日よりヒトレトロウイルス学共同研究センター准教授として池田輝政先生が着任しました。

2020/02/05

2020年1日1日よりヒトレトロウイルス学共同研究センター准教授として池田輝政先生が着任しました。

キックオフシンポジウム(2020.1.24)は盛会のうちに終了しました。

2020/02/04

キックオフシンポジウム(2020.1.24)は盛会のうちに終了しました。ご参加いただきました皆様に感謝申し上げます。

PDF

HTLV-1感染症に関する研究課題が「AMED 戦略的国際共同研究プログラム」に採択されました(佐藤研)2019.12.16

2020/02/04

HTLV-1感染症に関する研究課題が「AMED 戦略的国際共同研究プログラム」に採択されました(佐藤研)2019.12.16

詳細ページ

HTLV-1持続潜伏感染するメカニズムの1つとして、宿主細胞の抗ウイルス因子ZAPが関与することを報告(佐藤研がRetrovirology誌に発表)2019.12.16

2020/02/03

HTLV-1持続潜伏感染するメカニズムの1つとして、宿主細胞の抗ウイルス因子ZAPが関与することを報告    2019.12.16(佐藤研がRetrovirology誌に発表)

Miyazato P, Matsuo M, Tan B, Tokunaga M, Katsuya H, Islam S, Ito J, Murakawa Y, and Satou Y*. HTLV-1 contains high CG dinucleotide content and is susceptible to the host antiviral protein ZAP. Retrovirology, 16, 38, 2019.

詳細ページ

第20回熊本エイズセミナーは盛会のうちに終了しました。

2019/11/02

第20回熊本エイズセミナーは盛会のうちに終了しました。ご参加いただきました皆様に感謝申し上げます。

第20回エイズセミナー

20thエイズセミナーのプログラムを掲載しました。

2019/10/25

20thエイズセミナーのプログラムを掲載しました。

20thエイズセミナー

サイトをリニューアルしました。

2019/08/08

サイトをリニューアルしました。

ヒトレトロウイルス学共同研究センター熊本大学キャンパスに名称が変わりました。

2019/04/01

新しい研究センターが発足し、ヒトレトロウイルス学共同研究センター熊本大学キャンパスに名称が変わりました。

ヒトレトロウイルス学共同研究センター

科研費・研究拠点形成事業が採択されました。

2019/04/01

科研費・研究拠点形成事業に「HIV感染症の根絶をめざしたアジア・アフリカ研究教育拠点」(代表:上野貴将 ・感染免疫学)が採択されました。

詳細ページ

AMED エイズ対策実用化研究事業採択されました。

2019/04/01

AMED エイズ対策実用化研究事業に「中和抗体によるHIV感染症の治癒を目指した研究開発」(代表:松下修三 ・臨床レトロウイルス学)が採択されました。

詳細ページ
熊本大学キャンパス
生命化学研究部・教育部
IRCMS
IRCMS
ヒトレトロウイルス学共同研究センター 熊本キャンパス

Copyright @ 2019 Joint Research Center for Human Retrovirus Infection, Kumamoto University